So-net無料ブログ作成
検索選択

リュウグウノツカイ 2014 地震 言い伝え 伝説 関係 [話題]


リュウグウツノカイの2014年の情報、それから地震に関する言い伝えや、伝説、それから地震との関係について調べてみました。

リュウグウノツカイ.jpg


▼2014年「リュウグウツノカイ」情報


今年、「リュウグウツノカイ」が目撃された、または捕獲されたという情報をまとめてみました。








今日、2014年3月9日の長崎新聞で、謎の深海魚と言われている「リュウグウノツカイ」が捕獲されたと報じられました。これは、生月島東南部の沿岸に設置している定置網(水深約40メートル)の中で泳いでいたそうです。この「リュウグウノツカイ」引き上げ後に死んでしまったそうです。この「リュウグウノツカイ」は5.2メートル、83キロでした。



リュウグウノツカイ2.jpg



また、3月7日には、山口県長門市仙崎の白潟海岸で4.38メートルの「リュウグウノツカイ」が海岸に打ち上げられているのを住民が発見した。



2014年1月18日には、富山湾で、2メートル67センチメートル「リュウグウノツカイ」が捕獲された。富山湾で「リュウグウノツカイ」が捕獲されるのは、2010年の2月以来とのことです。


同じく2014年1月28日には、兵庫県豊岡市竹野町の海岸で漂着したと思われる「リュウグウノツカイ」が発見された。体調は、4.2メートルだそうです。この竹野町の海岸では、2000年以降2匹見つかっているそうです。


あと、最近の「リュウグウノツカイ」ニュースで記憶に新しいのが秋田県ので生け捕りに成功したが、水族館に搬入したがすぐに死んでしまったというもの。



これは、今年1月28日の午前9時頃、秋田県男鹿市北浦入道崎の畠漁港の湾内で漁師が「リュウグウノツカイ」を発見して引き上げ、地元男鹿の水族館に連絡して搬送したが、夕方には死んでしまったそうです。






リュウグウノツカイは全身が銀白色で、薄灰色から薄青色の線条が側線の上下に互い違いに並ぶ。


背鰭・胸鰭・腹鰭の鰭条は鮮やかな紅色を呈し、神秘的な姿をしていることから「竜宮の使い」という和名で呼ばれる


ウィキペディアより引用


体長は、通常3メートル前後が多いようだが、世界では11メートル以上の大きいものも報告されている。

巨大リュウグウノツカイ.jpg


巨大リュウグウノツカイ2.jpg



ちなみに英語では、Oarfish, King of Herringsなどと呼ばれている。









▼なぜすぐに死んでしまうのか?


これは、やはり基本的に「リュウグウノツカイ」が深海魚だからということが第一の理由でしょう。


普段は、推進200メートルから1000メートルの水深の海域に生息しているとされている。生態的にまだまだ明らかになっていない部分が多い。


水深が浅いところで生きているものを捕獲してもすでに衰弱していることが多く、すぐに死んでしまうようだ。


水深が浅いところに見られたり、海岸に打ち上げられている原因としては、やはり近年の深海の水温変化が影響しているのではと見られている。



▼リュウグウノツカイ 地震にまつわる言い伝え、伝説


リュウグウノツカイには、昔からいろんな言い伝えや伝説があります。


西洋などでは、そのインパクトのある外見から、巨大生物伝説の元になったという言い伝えがある。


日本では、特に日本海沿岸では、地震にまつわる言い伝えとして、「リュウグウノツカイ」が捕獲されると大地震などの天変地異が起きるとされているが、科学的な根拠はなく、ほぼ迷信だと思います。


それから、この「リュウグウノツカイ」が人魚伝説の元になっているという説もあります。


また、漁師の間では、「大量の予兆」という説もあるようです。




▼次々発見される「リュウグウノツカイ」と地震との関係性は?


これには科学的な根拠はなく、男鹿水族館GAO展示課の魚類担当の今西洋平さんは「リュウグウノツカイ」の言い伝えについて、「迷信です」ときっぱり話したと、産経ニュースにも書いてありました。



▼まとめ

恥ずかしながら、おっさん、この間まで「リュウグウツノカイ」かと思ってました~


ちょっと考えて「竜宮の使い」・・「竜宮からの使者」的に考えればふつう間違えそうにないんですけどね・・・苦笑


また、これは個人的な見解ですが、最近、特に日本海側では、この「リュウグウノツカイ」が発見されることが多く、地震の予兆ではないか?と噂されていますが、私が思うに、特に最近よく発見されているということではなく、昔から日本海側ではこのぐらいの頻度で発見されていたのだが、あまりニュースになっていなかったのに加えて、マスコミが騒ぐのでこのような噂のような話が広がっていると思うのですが、皆さんの意見はいかがでしょうか?


いずれにせよ、地震などの災害については常日頃からの準備が必要たと思いますが、東日本大震災のような大きな地震や津波などの災害は本当に起こって欲しくない・・・と思う今日この頃。


スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。